合宿免許の卒業後の試験とは

###Site Name###

合宿免許は、宿泊施設への泊まり込みによって、無駄のないカリキュラムで教習や試験を受けることがでるため、最短の期間で自動車の運転免許証を取得することが可能であるとされています。

たしかに、合宿免許で自動車学校に入学したとして、卒業までの期間というのは、普通免許であればおおむね2週間程度というのが一般的であり、卒業をすれば、学校からも卒業証明書とよばれる書類を交付してもらうことができます。



しかし、合宿免許のカリキュラムで取得が可能なのは、公道を走行できるとはいっても、運転の練習のために一定の資格をもつ指導者を同乗することが求められる仮免許証とよばれるものまでであって、正規の免許証は、まだ取得した状態とはなっていないのです。
そのため、合宿免許で卒業をした後、住んでいる地域の都道府県警察の運転免許センターに行き、卒業証明書やその他の必要書類を添付した上で、さらに学科試験などを受ける必要が出てきます。



この試験によって合格をすることができた場合に、その場で写真撮影をして、ようやく本人の顔写真がプリントされた正規の運転免許証を交付してもらうことができます。
なお、卒業証明書の有効期間は1年間ですので、自動車学校を卒業したら早めに運転免許センターで試験を受ける必要があります。また、学科試験に合格したとしても、視力検査などを中心とする適性試験に合格できなければ、運転免許証は取得できませんので、視力にあったメガネを着用するなど、こちらのほうの対策もしっかりとっておくことが大切です。